Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

1297_The Duke_Photo Nick Wall.RAF

EntaMirage! Movie

60歳・タクシー運転手、名画を盗む(映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』)

2021年9月、『ノッティングヒルの恋人』で知られるロジャー・ミッシェル監督が惜しまれながら65歳で逝去した。日本に届いた彼の長編遺作『ゴヤの名画と優しい泥棒』は大胆にも盗んだ名画で高齢者を救おうとした男の物語だ。

あらすじ

世界中から年間600万人以上が来訪、2300点以上の貴重なコレクションを揃えるロンドン・ナショナル・ギャラリー。1961年、この世界屈指の美の殿堂からゴヤの名画「ウェリントン公爵」が盗まれた。前代未聞の大事件の犯人は、なんと60歳のタクシー運転手ケンプトン・バントン。孤独な高齢者がTVに社会との繋がりを求めていた時代に盗んだ絵画の身代金で公共放送(BBC)の受信料を肩代わりして彼らの生活を少しでも楽にしようと企てたのだ。しかし、事件にはもう一つ隠された真相があった。

0385_The Duke_Photo Nick Wall.RAF

国営放送、受信料を払わないと逮捕される

公共放送だと受信料を払わなければならないというルールは日本だけではなかった。
1961年当時、イギリスの公共放送(BBC)はテレビがある世帯から受信許可料を徴収していた。しかも払わないまま視聴していると罰金刑や禁固刑が科せられるほどの厳しさだったという(まだ我が国は平和かもしれない)。払うのが当たり前と思われた受信許可料について、異を唱えた男がいた。働くことが出来ない高齢者達の生活を圧迫しているから、年金受給世代について免除してほしいと街頭で訴え、自身も受信許可料を払わず、2度禁固刑。それでも諦めずに運動を行った男の名はケンプトン・バントンという。そんなケンプトンは名画を盗んで、その身代金で受信許可料の肩代わりを考えたが……。

ちょっと変わっているけど愛すべき人、ケンプトン

弱者が幸せかどうか。彼の天秤はそこにある。間違っていると思うことは相手に率直に指摘する。相手がどんなに大きな権威を持っていても構うことなく向かって行く。自分がそれで仕事をクビになっても、逮捕されてもめげず、BBCを観ているなら受信許可料を払えと家にやってきた警察を煙に巻くお茶目な饒舌さも持ち合わせている。自身の執筆活動を精力的に行い、様々な社会活動に出掛けていく。自分のことより周りの貧しい人たちを救うことに奔走するため、家族はいるが経済面ではあまり……いや全く役に立てていない。何事にもなんとかなると楽天的、どこかちょっとズレているところもあるが、弱い人のために一肌脱ごうとするケンプトンの姿は、言いたいことも言えない私からすると非常に清々しく、羨ましくて、どんどん惹かれていく。

泥棒騒動の中で描かれる家族の物語

ケンプトンの代わりに家計を支えるのは妻のドロシー。夫の行動に釘を刺すこともあるが、基本的には容認し、自分が働いて家計を支える。子どもたちを育てあげたが、亡くした長女の死は受け入れることが出来ず、墓参りに行かない。ケンプトンは妻には何も言わず、長女の死を戯曲にして忘れないようにしようとし、ドロシーの代わりに長女の墓に通ってぼやく。違うベクトルではあるが、長女を思う気持ちは同じ。長年一緒に生きてきた二人だからこそ、気持ちがわかっているから言えず、普段はそつなく生活する。そんな絶妙な距離感を名俳優二人が作り上げている。名俳優二人とはジム・ブロードベンドとヘレン・ミレン。ジム・ブロードベンドは『アイリス』でアカデミー賞助演男優賞を受賞。その後も『ムーラン・ルージュ』、『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ、『ハリー・ポッター』シリーズや『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』など多数出演作がある。ヘレン・ミレンはエリザベス2世を演じた『クィーン』でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞はじめ数々の賞で主演女優賞を受賞。近年も『黄金のアデーレ 名画の帰還』や『ワイルド・スピード』シリーズに出演している。イギリスが誇る実力派俳優の2人が作り出す空気感がどう変化していくか。泥棒騒動と並行して夫婦の様子が描かれていく中で、特に中盤以降のドロシーの心の動きに注目したい。

The Duke

イギリスで本当に起こった実話から製作された映画。
泥棒として、裁判に出たケンプトンは何を語るのか。そして隠された真相とは?

映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』https://happinet-phantom.com/goya-movie/ は2月25日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他で全国公開。 東海3県では伏見ミリオン座、ユナイテッド・シネマ豊橋18、TOHOシネマズ(赤池、岐阜)、ミッドランドシネマ名古屋空港で2月25日より公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...