Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

dance1

EntaMirage! mirageなお客様 Movie

一人で踊るダンスの出来栄えは?映画『1人のダンス』安楽涼監督インタビュー(Mirageなお客様⑧)

毎年音楽と映画でタッグを組み制作されているMOOSIC LAB2018短編部門で男優賞に輝いた映画『1人のダンス』が60分の長編にグレードアップして6月7日まで池袋シネマ・ロサで公開中だ。

監督・主演は安楽涼。
役者として活動を始めた彼がなぜ映画を作るのか。この作品が生まれたのはどんなことがきっかけだったのか。映画公開に合わせてインタビューした。

Q.安楽さんが役者をやりたいと思ったきっかけは?

安楽監督
「スポーツ推薦で入って高校野球をやってたんですけど、自分の才能の無さに気づいて。今作にも出てるOOPARTZのリュウイチから「映画好きなんだし、役者やってみれば?」と言われて辞める理由が出来たからなんです」

Q.役者としてはどんな活動をされてきましたか?

安楽監督
「真利子哲也監督の『イエローキッド』を見てからインディーズ映画に凄く興味を持って、自主制作映画を主に出演してきました」

Q.役者だけではなく、映画を作り始めたのはなぜですか。

安楽監督
「役者がうまくいかなかったんです。主演した映画も脇役で出た映画も全然上映が無くて。だったら、自分主演で面白い映画を撮ってやろうと思いまして」

Q.映画を作る!と思って突然作れるものなんですか?

安楽監督
「元々リュウイチとか友達のMVを遊びながら撮ってたんです。一歩目って難しいんですよね。僕は女の子に振られて勢いのままその内容を映画にしました。迷わずやるのが良いと思います」

dance4

Q.協力してくれる仲間はどんな形で集まったのでしょうか?

安楽監督
「地元西葛西の同級生に『1人のダンス』にも出演している出倉俊輔がいまして。僕と彼で『すねかじりSTUDIO』という映像制作団体を作ったんです。5年も2人でやっていたら周りに仲間が増えて来ました」

Q.この作品が出来るきっかけは何だったんでしょうか?

安楽監督
「前作『弱者よ踊れ』という映画を下北沢映画祭で見てくれたMOOSIC LAB主宰の直井さんが僕に声をかけてくださって作りました。映画の内容は、僕とOOPARTZのリュウイチとの本当の喧嘩です。怒りが抑えられなくて本人出演で作りました」

Q.『1人のダンス』というタイトルの印象が映画を観る前と後では全然変わりますね。これは先にOOPARTZの曲があったんでしょうか?

安楽監督
「元々は全然違うタイトルだったんですけど、映画を撮る直前にOOPARTZの楽曲ができて、送ってきた曲のタイトルが『1人のダンス』でした。そのまま使わせて貰いました」

安定っていいものじゃないっすよ

Q.主人公がとりあえず生活するために自身のこだわりを抑えて仕事をしてしまう映像監督ですが、この設定はどこから生まれたのでしょうか?脚本の片山亨さんとどんな話し合いをしてストーリーを決めていかれたのでしょうか?

安楽監督
「僕の話を元に、脚本の片山享さんが書いてくれました。僕自身が売れていない新人のアイドルを撮っていた事がありまして。本当はやりたい事は別にありながらも、とりあえず生活費を稼ぐ為だけにやっていました。脚本を作っていきながら、自分の怒りがどこに向かってるのかを片山さんと考えていきました」

片山亨さんは役者としてもこの作品に参加している

片山亨さんは役者としてもこの作品に参加している

 

Q.「こっちの世界に来る?」とサラリーマンの道に誘われるというシチュエーションがあまりにもリアルで。この辺りも実体験でしょうか?

安楽監督
「あれは、脚本家の片山さんの気持ちも入ってるところです。僕の周りもどんどん結婚していって安定していくんです。「安定って良いもんじゃないっすよ」って今でも思ってます」

Q.自分が出ているシーンの撮影はカメラマンとの意思の疎通が非常に大事だと思いますが、どんな感じで指示を出して撮影しているのでしょうか? 

安楽監督
「瞬間を大事にしたいんです。信頼してるカメラマンの深谷さんが、何を撮りたいかっていう、その気持ちが欲しいんです。「僕と一緒に呼吸をしてくれ」とか「肉感が欲しい」とか、かなり感覚的な事ばかり伝えてそれで何が撮れるかを試していきました」

Q.主人公は色々大事なことをやり忘れていて墓穴を掘っている気がします。不器用な生き方をしている主人公を監督として、役者としてどう捉えていますか?

安楽監督
「自分の話です。大事な事って誰にだってあるじゃないですか?僕はいつも見失うんですよ。見失うとそれをまた掴みたくて、というか、無い物ねだりにも似てる気がしてるなぁと今、思いました」

安楽涼監督

安楽涼監督

 

Q.恋人と揉めた後1人で猛烈にもがいているシーンがまさに1人のダンスですが、このシーンはアップのカメラと俯瞰で撮るカメラアングルで撮影されています。こういったこだわりが沢山あると思います。撮影や編集でのエピソードがあれば教えてください。

安楽監督
「撮影中は、感覚的に僕の演じる安楽に寄り添うべきか、突き放して客観的に捉えるかをずっと考えていました。絵コンテとかは全くなく、その場とその瞬間を切り取る事だけをずっと考えていました。ワンカットが長いのは、切ったら感情の波が切れるからです」

Q.安楽さんとRYUICHIさん以外のキャストはどう選ばれたんでしょうか?

安楽監督
「出倉俊輔は、僕とリュウイチの本当の友達でして。彼も本人役です。大須みづほさんは、映画『恋愛依存症の女』で共演してお誘いしました。他は脚本兼出演の片山享さんからこんな人が居ると紹介して貰ってキャスティングしました。佐藤睦さんは出演されていた映画のお芝居が好きでお願いしました。他の皆さんも出て欲しい人にオファーをしていった形です。オーディションはしていません」

Q.役者も、監督をこれからも続けますか?

安楽監督
「今んとこは、垣根なく続けるつもりです。そんな器用じゃ無いのでいつかはどちらかになるかなと思います」

Q.安楽さんの次回作はもう決まっていますか?

安楽監督
「役者としては『1人のダンス』は脚本で参加していた片山亨さんの初監督映画『轟音』に主演しています。金沢で開催されるカナザワ映画祭で7月14日に上映されます」

自分で動くということは非常にエネルギーがいる。『1人のダンス』を抑えきれない気持ちで踊る男。男のパワーは計り知れない。役者として監督として。安楽涼は自身の道を迷いながら凹みながら、怒りながらもがきならこれからも様々な作品を作っていくだろうと感じた。

『1人のダンス』は現在池袋シネマ・ロサでレイトショー20:45~公開中。6月7日金曜日まで。

-EntaMirage!, mirageなお客様, Movie

おすすめの記事はこれ!

nagai3 1
第30回CINEX映画塾 映画『長いお別れ』中野量太監督トークショーレポート

第30回CINEX映画塾が6月30日岐阜CINEXで開催された。30回目の作品は ...

kohaku3 2
映画『こはく』井浦新さん×横尾初喜監督 名古屋 シネマスコーレ 舞台挨拶レポート

井浦新という役者は観る作品によって出てくる色が違う。役そのものが出す色を井浦新と ...

AIWFF2019_02 3
あいち国際女性映画祭2019の開催が決定!明日からチケット発売

「あいち国際女性映画祭2019」の記者会見&ラインナップ発表が7月11日、映画祭 ...

inukoro4 4
住宅顕信という俳人を知っていますか?若き俳人の心を描く(映画『ずぶぬれて犬ころ』本田孝義監督インタビュー)

自由律俳句をあなたは知っているだろうか。 五七五にとらわれないリズムと自由な感覚 ...

anomachi1 5
映画『あのまちの夫婦』津田寛治監督インタビュー&舞台挨拶レポート

映画『あのまちの夫婦』の上映が名古屋・シネマスコーレで19日まで行われている。 ...

ichigo10 6
映画『いちごの唄』公開記念名古屋舞台挨拶レポート

映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶が7月7日ミッドランドスクエアシネマで開催さ ...

ichigo1 7
今日から公開『いちごの唄』鑑賞者にしか買えないCDをゲットしよう!

今日7月5日(金)から公開される映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶が7月7日( ...

nagimati1 8
波の立たない人生などない(映画『凪待ち』)

凪とは…。風がやんで波がおさまり、海が静まること。 心という海が静かになる日はい ...

hotgimic1 9
堀未央奈さん(乃木坂46)岐阜に凱旋!映画『ホットギミック ガール ミーツ ボーイ』舞台挨拶レポート

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』の先行上映が岐阜県のTOHOシネマズモ ...

MKE7_15 10
みてくれたっていいじゃない!第7回MKE映画祭レポート

第7回MKE映画祭が6月8日、岐阜県図書館多目的ホールで開かれた。 選考で選ばれ ...

jimoto8 11
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...