Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

ikiro3

EntaMirage! Movie

沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の男が沖縄の地を踏んだ。戦中最後の沖縄県知事・島田叡(あきら)だ。彼は沖縄の住民のためにひたすら尽力した。生きろと住民達を諭し、知事としての役目を果たした。彼はどんな思いを抱えて最後の知事として任務を全うしたのだろうか。

 

映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』は官僚知事として沖縄県知事になった島田叡の生き様を証言や資料から明らかにしていくドキュメンタリーだ。

『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』、

『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」』

とアメリカ合衆国による沖縄統治に抗い活動した瀬長亀次郎を追った佐古忠彦監督が、最期の任務に当たった島田叡の人物像を明らかにする。

 

名古屋・伏見ミリオン座でお話を伺った。

Q.今回の映画の製作の経緯を教えていただけますか?

佐古監督
「2013年にテレビで島田さんのドキュメンタリードラマを作ったことがありまして。私はそのドキュメンタリー部分を担当していたんですけれども、島田さんの場合は資料として現在残っているものが写真数枚しかなくて。動く絵や音声が全く残っていないのでドラマを作るということにその時はなったんです。ドラマの場面をつなぐところでドキュメンタリーが入っていくという手法の番組でした。あの時は2時間の番組にはなったんですが、ドキュメンタリー部分で取材したものの貴重な証言全てを収用することはできなかったので、なんとか残すだけではなくて伝えたいという思いがずっとあったんです。カメジローの映画化を経験したことでドキュメンタリーだけでもやりたい、やれるんじゃないかという気持ちが湧いてきて。挑戦してみたいと思って始めたのがそもそもの経緯です」

 

Q.カメジローとはまた違うタイプのリーダーを追った映画になっているように感じます。

佐古監督
「戦後史を一回カメジローで見てきて、その前にも沖縄戦をいろんな視点観点で取材してきました。改めてまた島田さんを通して見た時に沖縄戦というのが一体どういうものだったのかを考えることになったことはもちろん、実は今日的なテーマがこの中には含まれているなと思っていまして。例えばそれはリーダー論であったり、官僚とはどうあるべきかだったり。普通なら抗えない大きな権力の前で最終的にはそれに逆らってみせた道のり、そうさせたものとは一体何だったのか。組織の中で個というものがどういうことができるのかなど、いろんなものが見えてくる気がして。当時島田さんについては批判の声もあったりしたのでそこもちゃんと考えながら、功罪含めて出した上で人間の揺れ、迷いを含めた人間の物語を紡ぎたいというのが今回はありまして。それでここに至ったんです」

 

Q.佐古監督のカメジロー2作品と対比する部分も感じた作品でした。

佐古監督
「カメジローさんとの違いで言うとカメジローさんの場合は観終わると勇気が出る。よし、闘うぞと勇気をもらうことが出来るという感想が多かったんです。逆に島田さんは周りに希望を託した、あるいは与えたかもしれないですが、自分自身は絶望の中で死んでいくというようなところもあるので、そういう意味では対照的なところあるかもしれませんね。でもそういった最後も含めてまさに人間の姿、生きた一人の官吏の姿を紡げたらなと。前作と同じく山根基世さんにナレーションをしていただいているので同じように感じるところもありますが、少し物語のタッチは変わったかなと思います」

Q.証言をする方にとってカメラを向けられることは相当プレッシャーだったと思います。証言が沢山収められていますが、あれだけの証言をどのくらいかけて集めたのか教えてください。

佐古監督
「中には今まで話をしていなかったけれど初めて今回話そうと言って話していただいた方もいらっしゃるんですね。それは「島田さんのことです」と言うと「島田さんのことなら」という方もいらっしゃいました。これまで話していなかったけれども話そうとなるまでにはある程度時が必要だったのかなという気もするんです。早く聞かないとという思いの一方で、やっぱり時間をかけたからこそ出てきたというお話というのもあって。中には2013年に取材して、今回映画化を決めてから再取材をした方もいらっしゃって。ここに至るまで結構連絡を取り合って関係を続けていただいた方々への再インタビューなんですね。そうすると2013年の時にはお話いただかなかったことが今回話していただけることがありました。例えば隈﨑輸送課長の息子の勝也さん。島田さんが青酸カリの入った包みを口にしようとしていたとお父さんが話していたという話は今回初めて話してくださったんですね。島田さんを取り上げることはこれが最後の機会で、島田さんを英雄視するのではなくて人間の迷いも全部含めて生きた人間としての姿を出したいんだと隈﨑さんに私から話をしていたんですが、そんな話をしてくださって。人間としての島田さんの姿がより深く、より広く私も理解することができました。時間をかけたからこそあの証言をしてくれた方もいらっしゃるんですが、時間を長くかけたからこそ制作者としてもいろんなものが見えてきたということもあります。2013年から私は携わっていますが、先輩の記者がそれまでに島田さんの特番を作ったこともあったので私はお話が聞けなかったんですけれども、2008年のインタビューも今回入れていますし、石原昌家教授が行った聞き取り調査の中で得られた証言テープをご提供いただいています。そういう意味では2008年からでも13年経っていますし、証言テープはもっと古いかも知れませんし、相当長きに渡る様々な人の話を積み上げたものを今回入れることが出来ました」
ikiro1

Q.牛島さんのお孫さん・貞満さんが出てくるとは思いませんでした。どんな経緯で知り合ったのでしょうか

佐古監督
「初めて牛島貞満さんとお会いしたのは2015年の戦後70周年特番の時です。当時牛島さんは小学校の先生で学校に伺ってお話を聞きました。平和教育という部分で牛島満と沖縄戦というテーマで学校を回ってお話をされています。お祖父さんの決断の意味を勉強したいということで敢えて沖縄で。名前を見れば近い存在ということがみんなわかりますし、牛島さんへの評価も色々ありますしね。牛島さんご自身も40歳になるまでお祖父さんのこともあり沖縄に来られなかったそうです。初めて平和記念資料館に行った時に「最後迄敢闘シ」の電文の中身が展示されていてショックを受けたとおっしゃっていましたね。ご自身で考察される中であの言葉にたどり着いたんだと思います。すごく冷静に見て、「結局は本土守備隊だった」という風にきっぱりと言い切れるほどまで。色々考えた末の言葉ですよね」

佐古監督
「牛島さんも太田元知事も亡くなったひめゆりの語り部の宮城喜久子さんもおっしゃっていたんですが、牛島満さんのことをすごく優しい方だったとおっしゃるんですよ。「学生さん、いつもご苦労さん」といって声をかけてくれたと。そういう風に沖縄の若者をおそらく可愛く思っていたであろう人がなぜ沖縄の人が苦しむ作戦の選択をしたと思いますかと言うことを牛島さんに聞いてみたんですが、その沖縄への気持よりも天皇への忠誠心が勝ったんだろうと言われたんです。そこに当時の日本の在り様が見えてきます。南部撤退も大本営から命令されたことではなくてそこで踏ん張れと言われた中でその作戦をとったわけで。彼らの中で考えて、「ここで踏ん張っています」と見せることの重要さもあったと話しておられました。それによって多大な犠牲を生んだことになるわけですよね」

Q.島田さんの声を佐々木蔵之介さんが担当されています。起用の理由や収録時のエピソードをお聞かせください。

佐古監督
「島田さんがどんな声質をしていたのかもわからないんです。どなたにお願いするべきかずっと考えていたんですが、佐々木蔵之介さんのある朗読劇の舞台を観劇した時にすごくその表現の豊かさに惹かれて。これは島田さんの声をお願いすればそこは蔵之介さんなりのイメージで表現していただけるでのはないかと思って。僕の中ではスッと蔵之介さんにと結び付いたんですね。佐々木さんは京都出身ですし、島田知事が関西弁で話すところも作りましたので、そういったところも自然に入って頂けたし、私にはイメージがもう蔵之介さんイコール島田知事で作れたのではないかと思います。蔵之介さんも快く引き受けてくださって。収録直前にも沖縄に行かれたようで、ご自分の中でいろんなものを感じながらやってくださったんですね。その時々の場面を考えに考え抜いて表現していただいたので本当にありがたかったです。沖縄の上映でも蔵之介さんでイメージがぴったりだという声を聞きました」

Q.島田知事が持つ強さ、抱えている自分の悩みという部分も出てくる語りですね。

佐古監督
「私も少し話す仕事もしていたので1回最初のデモ版というものを自分で話して作ったんです。「こういう感じです」というイメージを持ってもらうのに蔵之介さん、山根さん、津嘉山さんにお渡ししてご自分の部分をやっていただいたんです。その場面の中で県庁解散のシーンがありますが、私だと勢いで読んでいて「解散する!」と普通に読んでいたんですが、蔵之介さんはそうじゃなかったんです。言葉を飲み込むようにものすごく静かに「解散する」って言ったんです。これだなってその時思わず収録卓から乗り出して蔵之介さんに「これですね」と言いました。テストのつもりで言っていただいたものだったんですが、「これいただきます!」と。蔵之介さんの中で場面場面で考えを巡らせてやっていただいて人間島田叡がすごく出てきたんです。この作品は証言と写真2、3枚しかない人ですが、証言の数々と語りでどれだけ浮かび上がらせるかという挑みの作品でもあるんです。こういった手法はあまりないと思うんですよね。カメジローみたいに本人の声があれば山根さんのナレーションが「カメジローがこう言った」と言ったらポンとカメジローの声を入れ、また山根さんのナレーションに戻ればいいですが、そういったスタイルではなかなか島田さんがイメージできないだろうなと思って。だからあえて今回は島田が見たであろう場面ということも含めて島田語りにして蔵之介さんに語っていただいたんです。そこは蔵之介さんに見事に引っ張っていただけたと思っています」

Q.エンディングに流れる主題歌『生きろ』は映画のために作られたオリジナルですが小椋佳さんにどんなリクエストをされたんでしょうか。

佐古監督
「主題歌をどうしようかとずっと考えていた中でこれも小椋さんにと思ったんですね。小椋佳さんにご相談したら今年がデビューアルバムリリースからちょうど50年になるそうで、小椋さんは1月18日が誕生日で77歳になられたんですが、ラストアルバム『もういいかい』を1月の誕生日の2日後に発売されました。去年夏に主題歌のご相談をした時にちょうどそのラストアルバムを作っているんだという話を聞きまして。あと2曲ほど書きたいという話の段階だったんです。丁度このタイミングで依頼できて本当に良かったと思ったんですが、最後のアルバムという意識で作っているので自身の人生を総括するような振り返るような詞だったり、あるいは死をイメージする詞だったり、後世に物事を託していくような詞が多かったので、真逆にあるような前を見て生きろという内容が逆に嬉しいと言ってくださって」

Q.出来上がったものを聞いていかがでしたか?

佐古監督
「お願いして1か月半ぐらいですかね。出来たとご連絡いただいて初めて聞いた時は証言する人たちの顔がフラッシュバックして蘇ってきまして涙が出ました。感動しました。小椋さんにお願いしてよかったと思いました。エンディングの最後の最後まで畳み掛けられるというか。島田さんのメッセージそのままを小椋さんが繋げてくださって最後まで貫けたかなと思って。小椋さんとこの歌詞の中身の話もしたんですが、「耳をそばだて聞こう生命の声」というフレーズがあるんです。今こういう時代になって生きることが難しいって言われる中で若者の自殺が増えているとかありますが、何かあって死んじゃおうと思ってもそれはほんの君の頭の中の一部だけで思ってることなんだと。命というのは本能で前へ前へと生きようとすることだと。それが命の声なんだよと。それを裏切ることなく聞いて生きるんだと。生きている限りは一生懸命生きるんだと。沖縄での先行公開後のTwitterに感想があったんですが、そこにはもう最後の小椋佳さんの歌はまるで映画を見ているかのようだったと書いていただいてる方がいて凄く嬉しかったですね」

沖縄戦中で多くの命を救おうとした一人の男。島田叡を通じて改めて沖縄戦を知ることが出来る『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』http://ikiro.arc-films.co.jp/は現在東京ユーロスペース他で全国順次公開中。

東海3県では伏見ミリオン座で公開中。4月3日(土)から伊勢進富座で公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

kurenazume1 1
あの夕暮れ時を仲間と見よう(映画『くれなずめ』)

成田凌、高良健吾、若葉竜也、藤原季節、浜野謙太、目次立樹と聞くと、ここ数年の映画 ...

Toff_Guys_Day_24_173.ARW 2
紳士=ジェントルメンの駆け引きが楽しめるガイ・リッチー監督の快作(映画『ジェントルメン』)

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、『スナッチ』、『シ ...

beach1 3
どこまでも自由と愛に生きる(映画『ビーチバム まじめに不真面目』)

ここまで自制心なく、欲望のまま正直に生きることが出来たら、清々しい。どこか羨まし ...

blueheaven1 4
映画『ブルーヘブンを君に』完成披露舞台挨拶レポート

映画『ブルーヘブンを君に』の完成披露舞台挨拶が 4月24日岐阜市の岐阜清流文化プ ...

©2020 “A Garden of Camellias” Film Partners 5
美しい映像の中にある家族の物語(映画『椿の庭』)

とても静かだが、心に残る映画に出会った。 美しい映像もさることながら、見終わった ...

ikiro3 6
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 7
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 8
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 9
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 10
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 11
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 12
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 13
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 14
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 15
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 16
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 17
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 18
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 19
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 20
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 21
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 22
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...